診療案内

診療案内経鼻内視鏡検査について|大腸内視鏡検査について
クローン病の治療について潰瘍性大腸炎の治療について

大腸内視鏡について

大腸がんは増加傾向にあり、がん死亡率の男性では3位、女性では1位になっています。健診にて便潜血検査陽性の方、便の性状に変化があった方(血便、黒っぽい便、便秘下痢傾向に変わった)、以前にポリープがあった方は大腸検査を受けてください。切除する必要のあるポリープは検査当日切除できます。
当院では、なるべく検査に痛みのない様に、検査方法の工夫や静脈麻酔を併用しています。また前処置に時間を要しますので、専用の準備室やトイレ、ベッドなどを整えております。女性医師による大腸内視鏡も受けられますので、女性の方も安心して受けてください。

内視鏡検査は予約制になっております。一度診察を受けて、検査の必要性や適応を判断させていただいております。しかし、検査希望日の限られる方などは、先に電話予約をお取り下さい。上部内視鏡検査(咽喉頭・食道・胃十二指腸を見ます)は午前中、大腸内視鏡検査は午後までかかると思って来院して下さい。
また症状の強い方や吐血・下血の方は、緊急で当日検査をすることもありますので、朝絶食にて、午前中早めにお越し下さい。