診療案内

診療案内経鼻内視鏡検査について大腸内視鏡検査について
クローン病の治療について|潰瘍性大腸炎の治療について

潰瘍性大腸炎の治療について

ペンタサ坐剤(1個1g)、ヒューミラの注射が潰瘍性大腸炎の新しい治療に加わりました

今まで潰瘍性大腸炎の患者様には、ペンタサは、内服と注腸療法のみしかありませんでしたが、ペンタサの坐剤(1g)が使用出来るようになりました。

挿入の仕方も簡単で、直腸炎型には良い治療法だと思います。また、ヒューミラが潰瘍性大腸炎のステロイド抵抗例や難治例に適応可能となりました。ご相談ください。

潰瘍性大腸炎の治療

  1. 白血球除去療法
  2. レミケード療法
  3. ヒューミラ療法
  4. 注腸療法

現在90%以上の患者様が覚解期を1年以上維持しています。