診療案内

診療案内|経鼻内視鏡検査について|大腸内視鏡検査について
クローン病の治療について潰瘍性大腸炎の治療について

経鼻内視鏡検査(鼻から胃カメラ)について

胃カメラはとてもきつい、という方のために、口からではなく鼻孔から挿入する直径5.8mmの細い内視鏡による検査を行っています。 咽頭反射がほとんどおこらず、若い方から高齢者まで安心して受けられます。 「楽だった」とかなりの評判です。

もちろん、従来通りの経口内視鏡検査(口から)も、当院ではかなり楽に行えます。 検査当日に口からか鼻からかの希望をお伺いします。静脈麻酔も希望や適応をみて行っています。

また、麻酔をご利用された患者さん用の休憩ベッドなど、快適に安全に検査を受けていただける環境をを整えています。